製品紹介

太陽光システム

太陽光発電は無制限・無公害の太陽エネルギーを直接電気エネルギーに変換させる技術です。二酸化炭素の削減義務(京都議定書)の導入や原油高時代の到来、電力消費量の急騰を背景に、電力消費量削減に対する認識が高まっています。
このような課題は、枯渇する心配のないエコフレンドリーエネルギーであり、管理費用もなく、半永久的使用が可能で既存電力設備との連係性に優れた太陽光発展システムが解決してくれるでしょう。

太陽光発電システム構成図

太陽光設置した時の効果(3Kw基準)

太陽光発電の特徴

  • きれいで無制限のエネルギー源
  • 必要な場所で必要量だけ発展可能
  • メンテナンスが容易、無人化可能
  • 長い寿命(25年以上)

電力使用量別の電気料金の削減効果

EX.01 月使用量が470kWhである住宅の場合
(3kW設備設置基準)
太陽光システムを設置し
なかった場合 103,050ウォン
太陽光システムを設置した
場合 11,720 ウォン
91,330ウォン節約
EX.02 月使用量が630kWhである住宅の場合
(3kW設備設置基準)
太陽光システムを設置し
なかった場合 216,790ウォン
太陽光システムを設置した
場合 38,990 ウォン
177,800ウォン節約

単結晶モジュール

最も長い歴史を持つ太陽電池で、現在も太陽電池の主な材料の一つです。高純度シリコンを使うため変換効率は優れていますが(研究レベルで約25%)、費用の高さが短所です。

規格 1956mm * 992mm * 50mm
面積 1.94 [㎡]
セル数 72 [EA]
最大出力 335 [W]
開放電圧 46.2 [V]
短絡電流 9.33 [A]
最大出力動作電圧 37.6 [V]
最大出力動作電流 8.91 [V]
最大システム電圧 1,000 [V]

上記モジュールの仕様表は最大出力335W/EAモデルを基準としたものであり、その他にも製造業者ごとに多様なモジュールがあります。

多結晶モジュール

多結晶シリコン太陽電池は半導体ICの製造過程で発生した端材およびシリコンを材料として再利用しています。このため、結晶と結晶の間に起きる様々な障害により単結晶シリコンに比べて変換効率が少し落ちますが、(研究レベルで約20%)材料費が安いため、現在最も生産量の多い太陽電池となっています。

規格 1640mm * 992mm * 40mm
面積 1.63 [㎡]
セル数 60 [EA]
最大出力 260 [W]
開放電圧 38.2 [V]
短絡電流 8.90 [A]
最大出力動作電圧 30.7 [V]
最大出力動作電流 8.47 [V]
最大システム電圧 1,000 [V]

上記モジュールの仕様表は最大出力260W/EAモデルを基準としたものであり、その他にも製造業者別ごとに多様なモジュールがあります。